催眠の学校ヒプノテイメント

城咲梁

代表挨拶

初めまして代表の城咲梁(シロサキリョウ)です。

元々僕は人見知りで自信がありませんでした。
催眠との出会いが無ければ、大勢の前でパフォーマンスをしお金をいただく、今の生活はなかったでしょう。

催眠と聞くと多くの方が「怪しい、インチキだ」と感じるかもしれません。

または、「魔法や超能力」のようなものだと感じるかもしれませんが、

催眠術は誰でも使える技術です

正しい指導者の元で学ぶことで催眠術は確実に身に付き、人生の多くの場面で役に立ちます。

ヒプノテイメントは催眠術を学び人生に活用する方を応援しています。

皆様とお会いできる日を楽しみにしています。

城咲 梁

催眠術初心者講座
催眠講習のご案内
紹介

1984年沖縄生まれ、「ストリート魔術師」という愛称で催眠術・マジックの路上パフォーマンスを10年続けている。催眠術の教室「ヒプノテイメント(旧ヒプノハート)」を2012年に開校し、これまで延べ300人以上に催眠術を指導し様々な分野で活躍する人材を輩出してきた。趣味:釣り・旅行・R&Bを聞く・映画を見る・ドライブ

Youtube/Twitter

小さな頃から集団行動になじめず一人遊びが大好きで人と関わるのが苦手でした。

人と関わるのを避けて過ごしてきた当時の僕は「自分という存在が惨めで無力で何の価値もない人間」だと感じることがあった。

自分を否定するようにギャンブル、女、酒と色々な遊びに逃げていた。

そんな自虐的な生活を終わらせるある出来事が起きた。

ある女性の死

かつて交際していた女性が自殺した。僕は彼女のSOSの叫びに気づきながらも助ける事ができなかった。

それからはその女性が天国で見ていると考え人の役に立つ事をしようと考えた。

もし、天国でその女性が見ていたら腐ってる自分を見せるのはとても見苦しい。徐々に勉強し始め、カウンセリングの勉強や心理の勉強をしました。

学びを深めるうちに催眠術と出会う事となった。

催眠術との出会い

2010年6月、催眠術セミナーに参加した時に僕は初めて催眠術を間近で目撃しました。

それまでは催眠術をテレビの催眠術ショーでしか見たことがなく、その強制的に人を動かしているようなやり方に嫌悪感すら覚えていました。

しかし、そこで繰り広げられる催眠術は違いました。

人を強制させる事なく、催眠術を掛ける人も催眠術にかかる人も和気あいあいと楽しく行われていました。その様子を見て、僕は頭をハンマーで殴られたような衝撃をうけました。目玉が飛び出るくらいの電撃が体中に走ったような感覚です。

そのとき僕はこの「人を幸せにする催眠術」を広めていきたい。

と直感的に思いました。

催眠術を学ぶために全てを捨てる「覚悟」をしたのです。一年間修行を重ね…コミュニケーションについて学び、多くの実践を重ねるうちに

無理せずに人と付き合える

ようになっていました。

催眠を学ぶ人へ

僕は実践で一番わかりやすい催眠術を通して言葉の大切さを伝えたい。

言葉には力がある。

催眠術はダイレクトに相手に影響を与える。

立てない」といえば立てなくなり、「飲み物の味が変わる」といえば本当に味が変わってしまう。

好きな芸能人が見える」といえばそれも見せることができる。

言葉の力でこんなすごいことができ、ものの捉え方や人との関わり方が変わる催眠術。

それをみんなに伝えあなたが幸せになれるよう催眠術の魅力を伝えたいと思う。

ヒプノテイメント代表 城咲 梁

活動経歴

2014年 北新地夏祭り 出演
2014年 映画 「京都 早春 」出演
2014年 滋賀医科大学若鮎祭 出演
2015年 日本海フェリー パフォーマンス 出演
2019年 催眠の力 出演

DVD

2014年 クイックヒプノシス 発売
2016年 魅了する催眠術発売

メディア出演

2016年 きしわだラジオ 出演
2016年 fm GIG(ラジオ)
2017年 朝日放送「ジャニーズWEST」出演
YouTubeコラボ動画リスト

他媒体での紹介
催眠術初心者講座
催眠講習のご案内